薄毛 タバコ

タバコは血行不良と薄毛進行の原因になります!

タバコを吸い続けると悪影響を身体に与えるのは周知の通りです。

 

綺麗なピンク色だった肺が真っ黒になってしまった画像などは有名ですね。しかも、タバコの喫煙は内臓器官に限らず、外見にも影響を及ぼします。

 

今回は薄毛とたばこに関するお話をお伝えしようと思います。

 

 

 

タバコが引き起こす悪影響とは?

そもそも、タバコを吸うとどんな害があるのでしょう?

 

喫煙は第一に身体に有害物質を取り込む行為です。ニコチン・一酸化炭素・シアン化水素など、これら有害物質は尿など排泄される部分もあります。

 

しかし、身体に蓄積するものも多く、健康に悪影響を及ぼします。

 

有名なものだと、ガンがありますね。もちろんそれ以外にも呼吸器疾患や循環器疾患、潰瘍や歯周病も引き起こす要因になります。

 

これだけでも恐ろしいですが、タバコはなんと、毛髪の量、毛髪の太さが減少し、薄毛の原因にもなってしまうのです。

 

そんなタバコが引き起こす薄毛の原因を解明しお伝えしていきます。

 

 

タバコによる薄毛の原因

 

では、タバコによって引き起こされる薄毛の要因は何なのでしょうか?

 

 

有害物質による血行不良

タバコによる薄毛の原因の第一が、有害物質による血行不良です。

 

タバコの成分のニコチンが体内へ入りこむと、自律神経を刺激し血管を収縮させます。血管が収縮すると血圧の上昇に繋がり、元に戻るまで時間がかかります。

 

血圧が上下すると血液がスムーズに流れなくなり、血行不良に陥ります。

 

そうなると、
必然的に優先順位が低い頭皮への運搬がなくなってしまいます。

 

そして、毛母細胞の活動も阻害され、成長出来なくなった髪の毛は細くなったりコシが無くなり、結果として薄毛になります。

 

 

ニコチンによるビタミン不足

タバコの成分であるニコチンは体内のビタミンを破壊します。

 

ビタミンCには栄養の吸収を促進する働きがあります。また、ビタミンEには血行を正常に保つ効果があり、毛髪環境にも良い影響を与えます。

 

しかしニコチンがビタミンCを破壊し、ビタミンEの吸収率が落ちてしまうこともあります。

 

それによって、毛髪に必要な酸素や栄養の運搬が少なくなり、薄毛に繋がってしまいます。

 

 

喫煙によるストレス

また、禁煙に限らず喫煙することでもストレスが溜まります。

 

「え?禁煙だけじゃないの?」という声が聞こえてきそうですが、喫煙由来のストレスもあるんです。

 

先程も述べた通り、

 

タバコの中のニコチンはビタミンを破壊する働きを持ちます。そして、ビタミン不足がイライラ感を引き出し、ストレスに繋がります。

 

意外にも、イライラを押さえるための喫煙自体が、ストレスを生む原因になり、抜け毛に繋がります。

 

 

悪玉コレステロール

喫煙によって血液中の悪玉コレステロールの量が増加していきます。

 

それに対し、

 

人間の身体は悪玉コレステロールを減らすために、対抗成分であるタウリンを生成します。

 

しかし、そのタウリンを生成するためには、メチオニンというアミノ酸を消費するのです。

 

メチオニンは髪の生育に欠かせない栄養素なのですが、悪玉コレステロールにより、育毛に必要な栄養が足りなくなり、薄毛になっていく訳なんです。

 

 

 

ざっとお伝えしただけでも、
これだけの薄毛を促進させる原因があります。

 

次は、喫煙者の方よりも更に悪影響を及ぼす

 

”受動喫煙”

 

についてお伝えしていきます。

 

 

喫煙者の方よりも更に危険な受動喫煙

 

タバコの煙には、大きく分けて2種類あります。

 

主流煙…喫煙者がフィルターを通して吸う煙のこと

 

副流煙…タバコの先から立ち上る、フィルターを通さない煙のこと

 

受動喫煙とは、自分がタバコを吸っていないのに、周囲の人が吸っているタバコから出る副流煙吸い込んでしまうことなのです。

 

前述でお伝えしたとおり、喫煙は血行不良を起こし、
薄毛の原因になります。

 

喫煙者の吸う主流煙という煙は、薄毛を進行させる悪影響を及ぼすものなのですが、フィルターを通して吸うので、ある程度の有害物質を除去された状態で、体内に取り込んでいます。

 

対して、受動喫煙で吸い込んでしまう副流煙は、フィルターを通さないので、有害物質を100パーセント吸い込んでいるということになります。

 

その副流煙に含まれている、発ガン性物質であるタールの量は、

 

・タバコを吸っている本人の吸い込んでいる煙の3.4倍、
・殺虫剤の成分でもあるニコチンの2.8倍、
・一酸化炭素の4.7倍、
・アンモニアの46倍

 

という大量の有害物質が、体内に取り込まれたり、
髪の毛や肌に付着したりしています。

 

お子様がいらっしゃる方は、お子様の前でタバコを吸うことで副流煙を吸い込み、将来的に薄毛になる可能性が高くなります。

 

妊娠されている方、妊婦がいらっしゃる前での喫煙は更に深刻です。

 

喫煙や受動喫煙によって、早期破水・胎盤異常・早産や妊娠期間の短縮の原因にもなります。

 

上記のように、お母さんのお腹の中で充分に成長しないまま生まれてくるリスクが高まります。

 

出生後においては、乳児突然死症候群(SIDS)の原因にも挙げられています。

 

身体的な発育との関係は立証されていませんが、呼吸器障害を持って生まれてくる可能性が高いと言われています。

 

上記のように、ご自身は喫煙していなくても、周囲の喫煙者によって、悪い環境にさらされていることをご理解いただければと思います。

関連ページ

薄毛促進の原因となっている5つの生活習慣
薄毛を改善された方にいちばん多いのが、不摂生な生活習慣です。薄毛が原因となっている5つの生活習慣を詳しく解説しています。
薄毛改善に絶大な効果がある良い食べ物と悪い食べ物
薄毛を改善するための生活習慣の一つとして、食生活の改善があります。具体的にどのようなものをどのように食べていけばいいのか。詳しく解説しています
本当にこれだけ!育毛に成功しやすい身体が手に入る睡眠方法
髪の毛を含め人間の体は、睡眠によって休息をとり、新たな生命活動のためのエネルギーを充電します。育毛に成功しやすい体質になるための薄毛改善に効果的な睡眠方法を詳しく解説しています。
運動不足は薄毛になりやすいって本当?
運動不足だと薄毛になると言われていますが、果たして本当なのでしょうか。その理由と、通勤時間や日常生活の中でできる、薄毛防止に効く簡単な運動をご紹介致します。
肩こりと薄毛って関係あるの?意外な真実
薄毛と関係ないと思われている肩こりですが、頭皮の血行不良は肩こりも関係している場合があり、肩こりを改善することによって抜け毛も減少する場合があります。詳しくはこちら!
毎日6時間以上パソコンを使ってると禿げるって本当?
現在は何かとパソコン・スマホが欠かせない時代になっています。長時間の使用は薄毛の原因でもある、頭皮の血行不良につながります。薄毛にならないよう上手にパソコンと付き合う方法を解説しています。
整髪料を使っても薄毛にならない方法
ワックスなどの整髪料は、身だしなみを整えるための必需品ですが、使い方を間違えると、薄毛を促進させることになります。薄毛にならない整髪料の使い方を解説しています。
薄毛隠しの帽子やカツラはハゲを加速させる。問題点と予防策
薄毛隠しに帽子やカツラを使用している方、薄毛を促進させるデメリットになります。では帽子やカツラをどのように使えばいいのでしょうか。問題点と予防策を詳しく解説しています。
趣味や娯楽はストレス解消と同時に薄毛解消できる一石二鳥の方法
趣味や娯楽を楽しむことは、ストレス解消と薄毛解消の効果が期待できます。そんな趣味がないと言った方も薄毛改善につながるヒントになるのではないでしょうか。育毛剤の効果が出ないといった方も必見です。
朝シャンは気持ちいいけど危険!薄毛につながる原因です
朝シャンした方がスッキリ爽快で頭皮にもいいんじゃないの?と思われている方、薄毛に直接つながる危険な行為です。その理由を解説しています。
長髪が薄毛になる理由と薄毛を改善する髪型
長髪は短髪よりも毛根に負担がかかりやすく、髪の毛がながければ長いほど、薄毛のリスクは高まります。それでも、長髪を楽しみたい方にちょっとでも毛根への負担を軽減する方法を解説しています。
発毛・抜け毛防止に良いツボ、血行を良くするツボ
薄毛になる原因の一つに、頭皮の血行不良があげられます。そこで、血行不良を改善するツボと、そのツボを押す具体的な方法をご紹介しています。簡単なので、ぜひ実践してみてください。