油を使った料理が育毛に悪いって本当?摂り過ぎなければ大丈夫!育毛にも良いおすすめオイルはコレ

油を使った料理が育毛に悪いって本当?摂り過ぎなければ大丈夫!育毛にも良いおすすめオイルはコレ

育毛に良いおすすめの油

 

一般的に脂っこい食事は、毛穴がつまり薄毛の原因になると言われています。

 

確かに、脂分のとりすぎはよくないのですが、摂るべきと言われている油もあります。

 

脂分が本当に薄毛の原因になっているのでしょうか?

 

様々な油・オイルについて詳しく調べてみました。

 

 

 

 

 

【オイルの基礎知識】 オイルは3種類の脂肪酸に分けられる

育毛に良いオイル悪いオイル

 

私たちが普段使っているオイルには、

 

 

  • 飽和脂肪酸
  • 不飽和脂肪酸
  • トランス脂肪酸

 

 

大きく3種類に分けることができます。

 

それでは詳しく見ていきましょう。

 

 

 

飽和脂肪酸

常温で固体になる油で安定性が高いので酸化しにくい。

 

身体を動かすために大事なエネルギー源として使われているが、摂りすぎると必要以上の脂肪は体内に蓄積されてしまい、動脈硬化の原因にもなるので注意。

 

飽和脂肪酸には、摂らないほうが良いと言われている長鎖脂肪酸と、摂ったほうが良いと言われている中鎖脂肪酸の2種類があります。

 

特徴は以下のとおりです。

 

 

長鎖脂肪酸

エネルギーとして代謝されずに体脂肪として蓄積されやすい。
主に牛や豚などの動物性脂肪に含まれる。

中鎖脂肪酸

消化されやすく、体内にたまりにくい。
認知症予防や抗酸化作用もあり、積極的に摂ってもらいたい油。
代表的なものはココナッツオイル。

 

 

 

不飽和脂肪酸

常温で液体の油で安定性が低いので酸化しやすい。

 

炒めたり揚げたりするときに使う一般的に知られている油は、この部類に入る。

 

 

 

トランス脂肪酸

不安定な不飽和脂肪酸に水素を加えて、安定した固形に変えたもので、保存性は高いが体内で消化されにくく固まりやすい性質がある。

 

代表的なものはマーガリン、ショートニング。

 

 

 

血液ドロドロ!薄毛促進だけでなく動脈硬化やガンのリスクもある要注意オイルはこの部類!

育毛に悪い動脈硬化やガンのリスクがあるオイル

 

動脈硬化とは、血管の弾力性がなくなって硬くなって、動脈内にコレステロールや中性脂肪などがたまって詰まりやすい状態になり、血流が悪くなるという症状です。

 

髪の毛を育てる栄養分は血液に運ばれてきますので、動脈硬化になるということは薄毛を促進させる原因にもなります。

 

そのような摂り過ぎ注意のオイルはこの3種類です。

 

 

 

長鎖脂肪酸

長鎖脂肪酸は、牛脂などの固形の油に含まれています。

 

焼肉のときに、牛脂を鉄板の上で溶かして油を引きますが、育毛対策や健康を考えると、できるだけ避けていただきたい油です。

 

食べるなら、脂身を避けて赤身を食べるようにしましょう。

 

 

 

トランス脂肪酸

マーガリンやショートニングに含まれています。

 

 

《トランス脂肪酸を含む食品一覧》

薄げを促進させる代表的なトランス脂肪酸を含む食品

 

 

ショートニングとは、お菓子や揚げ物にサクサク感を出すために入れる白い粉末状のもので、冷凍食品やインスタントのカップ麺、ファーストフード店で使われている油にも含まれてると言われています。

 

 

 

オメガ6系脂肪酸

コーン油、大豆油、ごま油、サラダ油に含まれています。

 

これらの植物油には、悪玉コレステロールを減らす効果があるとされて、昔は健康に良い油として注目されていましたが、現代の食生活で不足することはほぼありません。

 

摂りすぎると、動脈硬化やガンのリスクがあると言われていますので、過剰摂取に注意しましょう。

 

揚げ物で何度も使っている油は、加熱による酸化で透明感のある黄金色がだんだん不透明になっていきます。

 

不透明で酸化した油で揚げたものは、動脈硬化などの生活習慣病やガンの原因になります。

 

外食チェーン店で食べる揚げ物は、経費削減の為に酸化した不透明な油で揚げていることが多いので、育毛を考えるなら、外食で揚げ物を食べないほうが良いでしょう。

 

 

 

ご覧いただいた通り、美味しいと言われている食品のほとんどが、育毛対策に悪影響を及ぼすトランス脂肪酸とオメガ6系脂肪酸、であることがわかります。

 

現代の食生活では育毛に悪いからといって、上記のような油を完全に避けることはほぼ不可能ですが、意識して工夫することによって、減らすことは可能だと思います。

 

 

 

血液サラサラ!血流が良くなる髪の毛にもオススメのオイルはこの部類

血液サラサラ薄げ改善だけでなくアンチエイジング効果もあるオイル

 

日本人の薄毛人口が増えた原因のひとつが、1970年代以降からの急激な食の欧米化と言われています。

 

そんな現代の日本人に不足しがちなオイルはこの2種類です。

 

 

 

オメガ3系脂肪酸

代表的なものは、αリノレン酸、DHA、EPAなどの脂肪酸で、現代の日本人に不足しているオイルと言われています。

 

えごま油、亜麻仁油、しそ油、イワシやサバなどの青魚に含まれています。

 

血液をサラサラにする効果や、花粉症やアトピーの緩和、認知症の予防にも効果があり、活性酸素を除去する効果もあると言われています。

 

血液をサラサラにするということは、血流が良くなるということなので、育毛にも期待ができます。

 

ただし、オメガ3系の油は熱に弱く酸化しやすいので、出来上がった料理にかけたり、サラダなどに和えたり、常温のままで使うようにしましょう。

 

 

 

オメガ9系脂肪酸

代表的なものはオレイン酸で、植物に多く含まれている脂肪酸で、血中の悪玉コレステロールを減らす効果や、加熱や長期保存に向いていて、酸化しにくい性質があります。

 

しかし、摂りすぎると体内にたまりやすいので注意。

 

オリーブ油、菜種油、椿油、アーモンドやくるみなどのナッツ類に含まれています。

 

アーモンド(無塩のもの)などのナッツ類にはオレイン酸が含まれていて、育毛に良いだけでなく、アンチエイジング効果もあると言われています。

 

1日10〜20個程度が理想と言われています。

 

また、多くのイタリア人は、毎朝オリーブオイルをスプーン1杯飲む習慣があるそうですが、これは理にかなった油の摂り方と言えます。

 

 

 

育毛に効果のある油を選ぶためのポイントと保存方法

育毛に良い油を選ぶポイント

 

どんなに育毛に効果のある油を選んでも、購入したお店の保存状態や自宅での保存方法が悪いと、酸化して薄毛を促進させるものになってしまいます。

 

そこで、購入時のポイントと保存方法についてまとめてみました。

 

 

 

購入時は照明が強く当たっていないかチェック

照明が強く当たっているところに陳列されているオイルはよくありません

 

開栓していない油でも、光や熱に当たると酸化が進み劣化してしまいます。

 

売り場では、照明が煌々と当たっている場所に陳列されているオイル(特に最上段に陳列されているもの)は避けたほうが良いでしょう。

 

遮光ビンや箱入りのものであれば、なお良いでしょう。

 

 

 

商品を選ぶ際には裏面の品質表示や原材料名をチェック

できるだけ育毛に良い油を選ぶため原材料名をチェック

 

上記画像の商品名はどちらも「ごま油」ですが、厳密に言えば違います。

 

左側は品名・原材料名どちらもごま油で、純粋な「ごま油」なのですが、右側の「ごま油」は、原材料がごま油・なたね油の2つの油を調合してできた油なので、純粋なごま油ではないのです。

 

商品を購入する際には品質表示をチェックし、調合されていない純粋なものを選ぶようにしましょう。

 

 

ごま油は、リノール酸(オメガ6系)とオレイン酸(オメガ9系)の含有量が、同じぐらい含まれているので、WEBサイトによっては、オメガ6系に分類されたりオメガ9系に分類されたりします。
上記画像の調合されているなたね油はオメガ6系なので、育毛に大敵な動脈硬化のリスクがある油と言えます。

 

 

 

使用期限はどこで判断すればいいの?

賞味期限と使用期限は意味が違います

 

ラベルに表示されている賞味期限は、開封せずに保存した場合です。

 

開封して空気が触れると、いくら保存状態がよくても酸化が進んでいくので、開封後は2ヶ月が使用期限の目安と言われています。

 

なので、購入する際には使用頻度も考え、適切な量を購入するようにしましょう。

 

もし2ヶ月で使い切れなかったら、使いたい気持ちは分かるのですが、思い切って処分することをオススメします。

 

 

 

油が酸化したかどうかを見分ける方法

油の色と香りをチェック

 

酸化が進んでいるかどうかは、色や香りの変化を確認してみて下さい。

 

 

購入時より濃く変化していないか?
におい 生ゴミのようなにおいになっていないか?

 

 

また、コップなどの容器に油を適量流してみて、粘り気があるようでしたら、酸化が進んでいるので処分することをオススメします。

 

 

 

酸化のスピードを緩めるおすすめの保存方法

オイルの寿命を延ばす簡単な方法

 

酸化をできるだけ防ぐおすすめの方法は、容器ごとアルミホイルで包み、日光や照明の当たらないところで保存する方法です。

 

容器ごとアルミホイルで包むと中身がわからなくなるので、オイルの種類と開封した日付を記入し、しっかり期限管理することをオススメします。

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

安いからと言って容量の多いものを買うと、全部使い切ることができず、結局破棄することになってしまいます。

 

薄毛になりにくい体質を作るため、ご自身の使うオイルの量にあったものを選び、できるだけ悪いものを使わないようにしましょう。

 

 

関連ページ

シリカ水が育毛に効果があるって本当?気になるので詳しく調べてみた
育毛対策のために食事に気をつけている方はいらっしゃるかと思いますが、飲み物にも気をつけている方はいらっしゃいますでしょうか?育毛に大事なシリカ水の効果について解説しています。
育毛対策を実践している方にオススメ!暑いこの時期に食べるものはそうめんよりもコレ!
育毛対策をしていても、暑くてそうめんなどの冷たくて軽く食べられるものになりがちですが、そんな季節にさっぱり涼しく食べられる、育毛対策にもオススメの食べ物をご紹介します。
薄毛になりやすいかどうかを判断する食べ物の基準GI値とは何?これを知って育毛に成功しやすい体質を作ろう!
GI値とは、食べ物が体内で糖質に変わるスピードを表した数値ですが、この数値が育毛にも大きく関係してきます。育毛にどのように関係するのかと、主要食材のGI値をリスト表にしましたので、ぜひ参考にしてください。
育毛対策の敵!薄毛を進行させてしまうだけでなく老化の原因となる最悪な物質AGE(終末糖化産物)とは?
聞きなれない用語ですが、AGEは薄毛になるだけでなく、シミやシワなどをつくる老化の原因となる物質です。育毛だけでなくアンチエイジングの敵AGEはどのように作られるのか調べてみました。
納豆の育毛成分を最大限引き出す食べ方はコレだ!納豆の能力を引き出す食べ方と台無しにする食べ方
納豆は、薄毛改善のスーパーフードと言われていますが、食べ方によっては、納豆の持っているパワーを全く生かせない食べ方になってしまいます。育毛に効果のない食べ方、育毛効果を最大限に活かす納豆の食べ方をご紹介しています。
健康寿命1位の香港に学ぶ!薄毛予防にも通じる食生活・生活習慣
金融・ビジネスの街として有名な香港ですが、最近では日本を抜き、平均寿命第1位の長寿国としても有名な地域です。そんな香港人の生活習慣に、見習うべき薄毛予防・育毛対策のヒントとは?