育毛シャンプー 選び方

【業界が隠したい真実】育毛シャンプーでは髪の毛は生えてきません

【業界が隠したい真実】育毛シャンプーでは髪の毛は生えてきません

 

このタイトルを見て、いろいろ調べて育毛対策に取り組まれている方は、理解して、うなずきながら読まれているかと思います。

 

また、このサイトをご覧いただいてる方は、

 

「このサイトは嘘を書いている。」
「シャンプーで皮脂を洗わないと抜け毛の原因になるだろ。」

 

と思っているかもしれません。育毛シャンプーで髪の毛が生えると思っていた方には残念ですが、育毛シャンプーで髪の毛は生えてきません。

 

そこで、育毛シャンプーについて詳しく調べました。

 

 

 

 

育毛シャンプーに育毛効果がない理由

 

結論から言いますと、育毛シャンプーに育毛効果がない理由は2つあります。

 

《育毛効果がない2つの理由》

  1. 全てのシャンプーには、大なり小なり合成界面活性剤という頭皮に良くない洗浄成分が含まれています。
  2. 最終的にはシャワーで洗い流してしまうので、育毛促進の成分が入っていると謳われているシャンプーも意味がありません。

 

育毛シャンプーの役目は頭皮環境を整えるものなのですが、当サイトで1番おすすめしているのは、育毛シャンプーを使わず、シャワーのお湯だけで洗髪することです。いわゆる「湯シャン」です。

 

とは言っても、シャンプーで洗髪することが習慣になっている環境から、いきなり「湯シャン」に変えることは、職業やライフスタイルなどもあり、現実的に難しいのではないかと思います。

 

また、頭皮にあまり負担がかからない優しい育毛シャンプーもあり、どんな育毛シャンプーを選べば良いのかなどをこのページで紹介していますが、

 

その前に、市販されている多くの育毛シャンプー事実を知っていただき、本当に髪の毛が生える育毛対策に取り組んでいただきたいと思います。

 

 

育毛業界が公表しない育毛シャンプーの事実

 

育毛シャンプーはもちろん、世の中に出回っているシャンプーは薄毛を促進させる原因の一つであることは間違いありません。

 

消費者に知られたくないシャンプーの秘密。
それは、上記で申し上げた、シャンプーに配合されている合成界面活性剤の人体に対する危険性です。

 

この合成界面活性剤は、食器用洗剤やマジックリンのような油汚れ用洗剤に含まれている化学合成物で、脱脂力が非常に強く、比較的安価で作られる人工的な成分です。

 

上記のような自然界にはない成分が入っているものを、直接肌につけているのですから身体にも良いことありません。しかしながらシャンプーの販売業者は、

 

「皮脂は薄毛の原因になるので、根こそぎ取らないといけない。」

 

と、TVCMなどで訴え、容赦なく私たちの大切なお金を奪っていきます。これが、私たちが知らなかった、店頭で売られている多くの育毛シャンプーの実態です。

 

それでもあなたは、洗いあがりのさっぱりした気分や、いい香りと引き換えに髪の毛を失うような行為をしますか?

 

少なくともこのサイトを読んでいる方は、いろいろ頑張って調べて、薄毛を克服したいと強く思っている方だと思います。

 

当サイトは湯シャンをおすすめしていますが、いきなり湯シャンに変えることもオススメできません。何故かといいますと、毎日育毛シャンプーを使っている習慣では、頭皮が皮脂の過剰分泌の体質になっているからです。

 

そこで当サイトでは、頭皮にかかる負担の少ない成分が入っているシャンプーを使って、徐々にシャンプーの量を減らしていく方法をおすすめします。

 

では、数ある育毛シャンプーの中から、どのような育毛シャンプーを選べばいいのか?

 

育毛シャンプー選びのダメなポイントを挙げていきながら、育毛対策に影響しない育毛シャンプーを選ぶにはどこを見ればいいのかを一緒に見ていこうとおもいます。

 

また、育毛に関する情報が多く公開されていますが、誤解やまちがって認識されている方もいらっしゃいます。

 

そんな多くの方が、誤解されている育毛シャンプーに対する認識と、

 

TVCMや雑誌によって私たちに刷り込まれている、育毛シャンプーに対する間違った常識を、お伝えしていこうと思います。

 

 

洗浄力の高さを謳っている育毛シャンプーはダメ!

 

これは一番頭皮に悪いシャンプーに共通するポイントです。

 

上記で少しこの事に触れましたが、市販のシャンプーのキャッチフレーズに一番多いのが、皮脂を育毛の敵と言わんばかりに洗浄力を全面に押し出している商品です。

 

外気のホコリや汚れが絡んだ皮脂は落とさないといけないのですが、皮脂は頭皮を守るために必要な副作用のない天然のバリアです。

 

その天然のバリアである皮脂を、根こそぎ取ってしまうぐらい洗浄力が強い育毛シャンプーは、少しずつですが頭皮を傷つける原因になり、頭皮環境も悪くなります。

 

更に、皮脂を根こそぎ取ったシャンプー後の頭皮はバリアがない状態なので、頭皮を守るために大急ぎで皮脂を作るという動きが体内で起こり、これが皮脂の過剰分泌を引き起こす原因となります。

 

また、フケが多い方は向けに、フケ・かゆみを抑えるシャンプーなどがあります。フケというのは簡単に言うと、細胞分裂によって必要でなくなった死んだ皮膚です。

 

この種類のシャンプーに配合されている成分に、フケを溶かす成分が入っています。この成分が正常な頭皮にもダメージを与えてしまい、これもまた皮脂の過剰分泌引き起こす原因になります。

 

毎日シャンプーをしているのにベタつく感じがするという方は、脂っこい食生活もありますが、上記のような皮脂の過剰分泌が原因も考えられますので食生活と並行して、シャンプー選びも考えてみてください。

 

私の場合は、元々揚げ物好きで全体的に脂っこい食生活をしていましたが、揚げ物中心の食生活をやめてから、皮脂の出る量が少なくなった感じがしました。食生活の改善はやってみて意外と効果がありましたので、おすすめの方法です。

 

頭皮は、皮膚の中でも一番弱いところなので細心の注意を払う事が必要です。

 

 

コンディショナー(リンス)の成分が入っている育毛シャンプーはダメ!

 

これは、シャンプーで洗髪した時にコンディショナーの成分も入っているから、1回の洗髪で髪の保護もできますよ、というものです。

 

このタイプの育毛シャンプーは何故ダメなのかといいますと、コンディショナーという人工的に作られた保護成分が、髪の毛だけでなく頭皮まで保護してしまうことになり、

 

その結果、天然の保護成分である皮脂の分泌する穴がふさがってしまうからです。

 

通常なら分泌できる成分が、コンディショナーによって分泌できなくなると、頭皮環境も悪くなってきます。

 

分泌しようとしているのに、コンディショナー成分が強制的にフタをしているのですから、頭皮環境が悪くなるのは、ご理解いただけるかと思います。

 

 

頭皮環境が悪くなると、コシのある太い髪が生えてきている良い環境から、徐々にヘナっとした細い髪しか生えない、頭皮環境になってしまいます。

 

もちろんコンディショナー単体で使用することも、育毛を考えている方にはオススメしません。

 

天然の保護成分である皮脂をゴッソリ取って、コンディショナーという人工的な成分で保護しても、頭皮に良いわけがないですよね。

 

 

メントール(洗いあがりがスーっとする)成分が入っている育毛シャンプーはダメ!

 

育毛シャンプーでこの成分が入っているシャンプーは、本当に多いですね!

 

何がダメなのかというと、洗いあがりのスーっとする感覚がダメなんです。

 

確かに爽快で気持ちが良いと思うのですが、シャンプーする度に、頭皮にかなりのダメージを与えています。

 

某育毛シャンプーのCMで、「頭皮の脂リスクを洗う」と言うセリフの元、

 

皮脂=育毛の敵というイメージを消費者に刷り込み、更に、メントールも配合している育毛シャンプーがありますが、

 

メントール配合の育毛シャンプーは、育毛どころか頭皮環境を悪くする原因です。

 

特に乾燥肌や敏感肌の方がメントール配合のシャンプーを使い続けると、頭皮が炎症を起こしてしまい、薄毛対策どころではなくなってしまいますので、

 

現在使用している方は、もったいないと考えずにシャンプーを替えることをオススメします。

 

 

どんな育毛シャンプーを選べばいいのか

 

散々ダメ出ししたところで、どんな育毛シャンプーを選べばいいのか?

 

当サイトが考える、頭皮に出来るだけ負担の少ない育毛シャンプーを選ぶ基準です。参考にしていただければ幸いです。

 

徐々にシャンプーの量を少なくしていき、最終的にはシャンプーを使わないように頭皮環境を改善していきましょう。

 

 

【ポイント@】アミノ酸系シャンプーを選びましょう

汚れを落とす成分として配合されているのが、界面活性剤なのですが、界面活性剤にも大きく分けて3種類のタイプがあります。

 

石油(アルコール)系界面活性剤

ドラッグストアなど、市販で売られているシャンプーに多いです。

 

非常に安価で大量生産しやすいのがメリットなのですが、洗浄力が強く、頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまうので、炎症など、頭皮トラブルになりやすいのがデメリットです。

 

上記のような種類の界面活性剤を、皮膚の中で一番弱い頭皮に使うと、どのようになっていくのか、お分かりいただけるのではないでしょうか。

 

 

石鹸系界面活性剤

石油系界面活性剤より洗浄力は落ちますが、シャンプーとして使うには洗浄力が強く、頭皮トラブルになる可能性が高いです。

 

石鹸で顔を洗ったことがある方は、洗浄力が強すぎて顔が突っ張った、という経験をされたことがあるかと思います。

 

石油系界面活性剤と同様、頭皮環境によくありません。

 

 

アミノ酸系界面活性剤

当サイトがオススメするのは、
ここに分類される界面活性剤が入っているシャンプーです。

 

私たちの体内から出る皮脂などの分泌物・肌の表面は、弱酸性に保たれています。

 

私たちの皮膚と同様、アミノ酸も液性でいうと弱酸性です。つまりアミノ酸系シャンプーは、肌に優しく必要以上に皮脂を取らない洗浄力になっています。

 

デメリットとしては、石油系や石鹸系の界面活性剤よりも洗浄力が弱く、物足りなく感じてしまうところです。

 

それと、アミノ酸系界面活性剤自体が高価なので、数種類の界面活性剤をプレンドしているものがほとんどです。

 

洗浄力が弱いからといって、シャンプーの量を多くすることは、すすぎ切れずにシャンプーが残ってしまう原因にもなりますので、髪の毛の量に合わせたシャンプーの量で洗髪することを心がけましょう。

 

 

【ポイントA】コンディショナーが入っている育毛シャンプーは使わない

 

上記でお伝えしたとおり、コンディショナー配合のシャンプーは、

 

シャンプー時に、コンディショナーで強制的バリアを作ってしまい、皮脂の分泌などの皮膚呼吸ができなくなってしまいます。

 

その結果、細く痩せた髪しか生えてこなくなり、薄毛の原因になります。

 

 

【ポイントB】メントールなど、スーっとする成分が入っている育毛シャンプーは使わない

 

こちらも洗浄力の強いシャンプーと同様で、スーっとする感覚は、スッキリしているのではなく、皮膚の中で一番弱い頭皮に、強い刺激を与えていることなのです。

 

どんなに強い頭皮をお持ちの方でも、このようなシャンプーを日常的に使っていると

 

どうなるのか?

 

この記事をご覧いただいた方は、お分かりいただけるのではないでしょうか。

 

 

育毛シャンプーの間違った常識とおすすめのシャンプー方法

 

最近は、育毛に関する情報がインターネットのおかげで簡単に得られる時代になりましたが、

 

それでもまだ、TVCMなどの影響などで、間違った情報が認識されていることが多いようです。

 

そこで、多くの方が常識と思っている育毛に関する間違った情報が何故間違っているのか?

 

そして、頭皮環境を正常にするためにおすすめの育毛シャンプーの使い方があります。そのシャンプー方法を紹介致します。

 

 

皮脂=薄毛の原因ではない

育毛シャンプーのCMや雑誌広告でよく謳われているのが、「頭皮の脂リスクを洗う!」や「皮脂汚れを根こそぎ落とす」など、

 

皮脂=毛髪・毛根の成長に悪い

 

という公式がいつの間にか確立されていて、毛穴に皮脂が溜まると抜け毛の原因になるというイメージにつながり、このキャッチコピーのもとに、多くの方が一生懸命シャンプーされているかと思います。

 

”皮脂汚れ”を落とす育毛シャンプーならいいのですが、

 

”皮脂は育毛の敵”とばかりにゴッソリ洗い流す育毛シャンプーは、育毛、薄毛対策の点から考えると間違っています。

 

市販のシャンプーは、皮脂は育毛の敵かのように洗浄力競争をしていますが、皮脂は、皮膚を外気から守るために体内から分泌された天然の保護成分です。

 

自身の体内から出てくる成分ですから、副作用などもない最高の成分です。

 

その最高の成分である皮脂を、ゴッソリ洗い流すシャンプーのやり方は、皮脂というバリアを全部とってしまう行為になります。

 

シャンプー直後はスッキリ爽快だと思いますが、
頭皮では、バリアがなくなって無防備な状態です。緊急事態です!

 

”一刻もはやく皮脂を作って、頭皮を守らないと大変だ”という状態になり、これが皮脂を過剰分泌させてしまう原因になります。

 

シャンプーをしてもベタつきが出てくるのは、上記のような現象が頭皮の上で起こっているからです。

 

「そんなこと言っても、シャンプーしないと汚れが落ちないじゃないか!」

 

と多くの方が読みながらこのように感じていると思いますが、その通りです。

 

なので、必要以上に皮脂を取らないシャンプーの方法をお伝えしていこうと思います。実際にこの方法を私もやっていて、髪にコシが出てきたような感覚を感じています。

 

 

お湯で流すだけ!意外とスッキリする「湯シャン」

芸能人では、タモリさんや福山雅治さんが実際やっているということで、知っている方が結構いらっしゃるのではないでしょうか?

 

その名の通り、シャワーのお湯だけで洗髪することです。お湯と言っても体温より1〜2度低い、34〜35度ぐらいのゆるま湯でかけ流がす作業です。

 

お湯で多少頭皮が柔らかくなると思いますので、頭皮を指の腹で軽くマッサージします。

 

お湯で流すだけで7〜8割の汚れが落ちるといわれていますが、毎日シャンプーを使って洗髪していた習慣から、いきなり「湯シャン」に変えるのは無理がありますので、

 

1日のシャンプーの量を少なくしたりだとか、2日に1回は「湯シャンの日」にするとかなど、少しずつシャンプーの量を減らしていく方法をおすすめします。

 

ちなみに私の場合は、
1回のシャンプーの量を2分の1に減らす所から始めました。

 

今では3日に1回のシャンプーで過ごせています。

 

湯シャンし始めは、皮脂の過剰分泌でベトつく感じになりますが、継続していくと、皮脂の分泌量が徐々に少なくなっていくのが、体感していただけると思いますので、根気よくやってみてください。

 

当然のことなのですが、髪の量によっても「湯シャン」をする時間が違ってきます。

 

髪の毛が多ければ、「湯シャン」の時間は長くなります。

 

私の場合を例に挙げると、頭頂部が3cm位の短髪で、シャワーで流す時間がだいたい1分〜2分ぐらいです。

 

これと並行して、揚げ物や炒め物などが多い食生活になっている方は、食生活も同時進行で改善していけば、より効果を感じることができます。

 

ヘルメットや帽子を被らないといけないお仕事の方は、可能であればお昼休憩時間などの時に、1回湯シャンして汗を洗い流すことが出来ればいいのですが、

 

出来ない場合は、こまめに頭皮の汗を拭きとって雑菌が繁殖しないように心がけてください。

 

できるだけ湯シャンで汚れを落として、育毛シャンプーの使用は必要な皮脂を取らないよう最小限にとどめましょう。

 

 

 

髪の毛にコシが出る「水シャン」

これも、その名の通り水で洗髪することです。

 

これをすることで、ヘナっとした髪の毛にコシが出て弾力のある髪になってきます。

 

特に、寒い時期は「水シャン」に抵抗があると思いますが、湯シャンのように長い時間する必要はなく、ご自身が「冷たい!」と感じればOKです。

 

とは言っても、ひざや肩などにかけて冷たさを体感することが必要です。

 

水シャン直後は「冷たい」と感じますが、人間は体温を一定の温度に保つ恒温動物なので、お風呂あがりの時にはポカポカと暖かい感じになります。

 

上記のように「水シャン」は血行促進の効果もありますので、是非やってみてください。

 

 

【育毛シャンプーの真実まとめ】

  • 育毛シャンプーは洗浄力の弱いアミノ酸系シャンプーを選ぶ
  •  

  • コンディショナー配合の育毛シャンプーは使わない
  •  

  • メントールなどのスーッとする成分配合の育毛シャンプーは使わない
  •  

  • 皮脂をゴッソリ洗い流すシャンプーは薄毛の原因である
  •  

  • 「湯シャン」でできるだけ汚れを落とし、育毛シャンプーの使用は必要最小限にとどめる
  •  

  • 「水シャン」は髪の毛にコシが出て、血行促進効果がある
 

 

世間の育毛対策で言われているようなこととあまりにも違っていて、びっくりされると思いますが、当サイト管理人masaがいろんな育毛書籍や著者の研究内容などを調べた事実を元に書いています。

 

シャンプーを使わない習慣を目指しながら、育毛対策に取り組んでいきましょう。