ミノキシジルは育毛の薬ではない!世間にあまり知られていないその事実とは?

ミノキシジルは育毛の薬ではない!

 

育毛対策に日々取り組んでいる方にとっては、今更何って感じられるかと思います。

 

では、ミノキシジルは本当は育毛治療薬ではなかったのですよ。というと、ご存じの方はいらっしゃるでしょうか?

 

今回は、ミノキシジルが育毛に効果があると認識された経緯と、髪が生えることと引き換えに受ける大きな代償(副作用)について、お話したいと思います。

 

 

ミノキシジルとは元々どんな薬なの?

ミノキシジルは育毛の薬ではない!世間にあまり知られていないその事実とは?

 

ミノキシジルは、元々1960年代にアップジョン社(現在のファイザー)が創製した、血圧降下剤として服用されていたものですが、

 

服用した高血圧症の患者に共通して、髪を育成し脱毛症を回復させる症状が見られ、育毛の効果があるのではないかと偶然発見されたことが、育毛治療薬として認知された事の始まりです。

 

 

この発見をもとに1980年頃、アップジョン社がハゲや脱毛症の治療用として、2%のミノキシジルを配合した外用液を育毛剤として販売し始めたのが、「Rogaine(ロゲイン)」です。

 

現在は、ミノキシジル濃度5%の「Rogaine(ロゲイン)for men's」という男性用と、ミノキシジル濃度2%の「Rogaine(ロゲイン)for women's」という女性用のロゲインもあります。

 

日本では、一般医療薬品としてリアップという商品名で市販されたことが始まりです。こちらも、当初はミノキシジル2%配合の育毛薬でしたが、現在発売されている「リアップX5」では、ミノキシジルが5%配合されています。

 

 

ミノキシジルが受ける副作用とは?

 

しかし、ミノキシジル配合の育毛剤やタブレットは、元々の効能が高血圧症の方が血圧を下げるために服用する治療薬です。

 

なので、外用薬において高血圧症ではない方が服用すると、皮膚の炎症や剥離などのトラブル、タブレットなどの服用薬では、心臓疾患などの副作用が多数報告されています。

 

一方、育毛に大事な毛根成長のメカニズムについては、毛乳頭細胞や毛母細胞の活性化と一般的に説明されているが、実際にはその詳細ははっきりとわかっていないのです。

 

にもかかわらず、上記のように説明されている育毛剤も中にはあります。

 

短期間で効果が出るので見た目はよく見えるのですが、ミノキシジルを服用し続けることが必要です。

 

服用することをやめてしまうと、数日で髪が抜け始めてしまいます。

 

つまり、ミノキシジルを服用して生えてきた髪の毛は、自身が持っている毛根の育毛力で生えてきたのではなく、ミノキシジルという薬によって作られた髪の毛ということが言えます。

 

 

ミノキシジルの価格について

 

一般的にミノキシジルは日本国内では販売されていなく、輸入代行業者もしくは、個人輸入で海外から仕入れるという形になります。

 

ミノキシジルの値段は比較的安く、1箱100錠で約3000円ほどで販売されています。

 

更に安いもので、カークランドミノキシジルというものがありますが、

 

カークランドミノキシジルとは、ジェネリック(後発医薬品)のミノキシジルのことで、効果は、ミノキシジルと変わりありません。

 

価格は、1箱100錠で約1800円ほどで販売されています。

 

上記のように、ミノキシジルは安価で短期間で効果の出る可能性の高い方法ですが、ミノキシジルの服用をやめてしまうと、抜け毛が再発してしまいます。

 

見た目には育毛に成功したように見えますが、副作用や服用し続けないといけないことを考慮すると、おすすめできない方法です。

 

ミノキシジルを服用する前に、AGA専門のクリニックで頭皮の状態を医師に診断してもらって、アドバイスをいただくという手段をとってみてはいかがでしょうか。

 

診断の結果もしAGAだったら、医師のアドバイスを受けて治療していけばいいですし、育毛研究が日進月歩で進んでいて、今ではAGAにも効果がある育毛剤や育毛サプリも開発されてきています。

 

薄毛が進行し始めた→ミノキシジル服用する

 

というのは、副作用のリスクが大きくあまりにも危険な行為です。

 

もしくは、改善の速度は遅いかもしれませんが、生活習慣の改善やシャンプーの方法などで、頭皮環境を改善していくことが、育毛成功の近道ではないでしょうか?