iQOSやgloなどの電子タバコは育毛対策に影響があるの?

iQOSやgloなどの電子タバコは育毛対策に影響があるの?

電子タバコ 薄毛 iQOS glo

 

ここ2〜3年、iQOSやgloなどの火を使わない電子タバコが、急速に普及しています。

 

従来のタバコでは、フィルターから吸い込む主流煙はもちろん、火元から出る煙(副流煙)が、薄毛の原因にもなると問題視されていましたが、

 

iQOSやgloなどの電子タバコは薄毛の原因になるのか?調べてみました。

 

 

 

 

 

従来のタバコから電子タバコに替えたら薄毛への影響はどうなる?

タバコから電子タバコに替えた場合の薄毛への影響

 

結論から言うと、従来のタバコからiQOSやgloなどの電子タバコに替えても、フィルターから煙を吸い込むという点では、従来のタバコと変わりありませんので、薄毛は進行します。

 

喫煙しない方が、電子タバコ喫煙者の吐く煙を吸い込むと、当然ですが薄毛が進行する原因になります。

 

従来のタバコのように、副流煙がない点で電子タバコの有害度が軽減されていますが、煙を吸い込むという点では従来のタバコと一緒ですので、少なからず薄毛が進行することに変わりありません。

 

 

 

喫煙者が吐く煙は鼻や口以外からも入ってくる

喫煙者の吐く煙は髪の毛や皮膚からも吸収される

 

これはどういうことかと言いますと、

 

髪の毛や皮膚から吸収する経皮吸収というかたちでも、喫煙者の吐く煙は体内に入ってきます。

 

なので、マスクや帽子などで吸収を防いだつもりでも、腕や顔などの露出しているところから吸収しますので、薄毛の原因となる喫煙者が吐く煙は、体内に入ってきます。

 

喫煙者が多いところにしばらくいると、髪の毛や服にタバコのニオイが染みつくことがありますが、これが経皮吸収しているということです。

 

 

薄毛の敵は副流煙だけじゃない!乳幼児にも影響を及ぼす喫煙者の三次喫煙とは?

薄毛の方だけでなく子供の成長にも影響が出る可能性がある三次喫煙

 

三次喫煙とは、タバコを消したあとの残留物や、タバコの煙を吸い込んだ服や家具・壁面やカーペットなどに触れることで手に付着し、有害物質が体内に経皮吸収されることです。

 

喫煙者がタバコを吸い終わったあとでも、肺の中に残っている有害物質を約3分間ほど排出しているそうです。

 

吸い終わったからといって安心はできません。

 

薄毛への影響は、ほとんどないレベルぐらいなのですが、避けることができるのなら、避けたほうが良いでしょう。

 

 

三次喫煙で1番注意しないといけないのは、いろんなことに興味を持って触ったり口に入れてしまう乳幼児や赤ちゃん、そして妊婦の方がいらっしゃるご家庭です。

 

妊婦の方や赤ちゃんが、タバコの煙を吸い込んだ家具やカーペットなどに触れると、手のひらから有害物質を経皮吸収してしまいます。

 

免疫が備わっている大人には微量ですが、免疫力が低下している妊婦の方や赤ちゃんには危険な量です。

 

有害物質が妊婦の方に蓄積すると、生まれてくる赤ちゃんの脳に何らかの影響が出てきたり、将来薄毛になりやすい体質になったりする可能性があります。

 

タバコの煙を吸い込んだ部屋では、できるだけ過ごさないようにしましょう。

 

 

 

 

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

いかがでしたでしょうか?

 

薄毛に悩んでいる方は、できるだけタバコの煙を避けるようにしましょう。

 

理想的な禁煙方法は今すぐやめることなのですが、いきなり禁煙することはストレスもかかり、逆に薄毛を進行させる可能性がありますので、負担の掛からない程度に徐々に減らすようにしましょう。

 

 

関連ページ

蚊取り線香の煙は育毛に悪い?蚊に刺されたくないけどハゲになりたくないので詳しく調べてみました
タバコの煙は薄毛に影響があることは認識されていますが、蚊取り線香の煙は薄毛や育毛対策に影響するのでしょうか?気になったので調べてみました。