育毛シャンプーを簡単に泡立てることができるアイテム3選

育毛シャンプーを簡単に泡立てることができるアイテム3選

育毛シャンプーで洗髪する時、本当は上記画像のようなフワッフワの泡で洗いたいのに、全然泡立たなく、不満を感じながら使っていませんか?

 

そんな方に是非ご紹介したい!
お役立ちアイテムを3つ紹介したいと思います。

 

 

 

泡たてネット

 

ダイソーなどの100円ショップで販売されています。
泡立てる方法としては1番ポピュラーなアイテムです。

 

使い方はカンタン!

 

《泡たてネットの使い方》

  1. まず、泡たてネットをお湯につけて濡らします。
  2. 次に、育毛シャンプーを泡たてネットにつけて、手の中でしっかり揉み込み、泡立てます。
  3. シャンプーを泡立てることができたら、泡立てネットを絞り込むように抜き取って、泡のできあがり!

 

 

泡たてネットで出来た泡はこんな感じです。

 

 

あら目の泡になりますが、髪を洗うには問題ないです。

 

 

《泡たてネットのメリット》

  • 手軽に使える
  • シャンプー濃度が手軽に変えることができる

 

 

《泡たてネットのデメリット》

  • 泡の質はあら目
  • 使用後は水気をしっかり切って換気の良いところで保管しないと、雑菌が繁殖する原因になるので注意!

 

 

 

ほいっぷるん

 

次に紹介するのは、

 

泡立てネットよりもクリーミーな泡を作りたい方にオススメで、女性からも「キメ細かい泡がカンタンにできる」と絶大な人気の泡つくりアイテム

 

『ほいっぷるん』です!

 

この商品はダイソーで大人気の商品で、管理人も5店舗ぐらい探し回ってやっと手に入れた商品です。
(うれしくて思わず2個買っちゃいました(^^ゞ)

 

 

コスパも最強の税込108円です!

 

 

使い方はカンタン!

 

《ほいっぷるんの使い方》

  1. 容器に少量のお湯を注ぎ入れます。内側の線を目安にして調節してください。(お湯の量で泡の硬さが変わります)
  2. 容器に育毛シャンプーを適量入れます。
  3. フタを容器にセットし、スティックを上下に動かすとキメ細かい泡のできあがり!

 

 

ほいっぷるんで作った泡はこんな感じです。

 

 

泡たてネットよりもキメ細かい泡で気持ちよさそうです。

 

 

《ほいっぷるんのメリット》

  • お湯の量や育毛シャンプーの量を調節して、好みの泡が作れる。
  • 手軽にキメ細かい泡ができる。

 

《ほいっぷるんのデメリット》

  • 1回で作れる量が少ない。
  • 泡立て時に使用するスティックと円盤の接合部分がネジ式になっていて、泡たて時にはずれやすい。

 

 

 

ふわ泡ポンプボトル

 

こちらもダイソーで税込108円で売っています。

 

毎回泡を作るのが面倒な方、家族で育毛シャンプーを使うのでまとめて作っておきたい、といった方にオススメです。

 

 

作り方はカンタン!

 

《ふわ泡ポンプボトルの使い方》

  1. まず、育毛シャンプーの原液を容器の5ミリぐらいの高さまで入れます。

    (シャンプーの量はお好みで調節してください)

  2. 次に、原液の10倍ぐらいのお湯または水を入れます。

    (液体の濃度が高いとポンプの目詰まりの原因になります)

  3. 泡立たないように容器を軽く横に回すようにゆっくりと混ぜます。

    (洗剤が泡立ってしまいますので、激しく振るのはNG)

  4. ノズル部分を装着し、ポンプ部分を押すと、フワッフワの泡が出てきます!

 

ふわ泡ポンプボトルで出来た泡はこんな感じです。

 

 

上記画像の泡は、水に近いサラサラな育毛シャンプーの原液に10倍ぐらいの水で薄めて作ったものです。

 

きめ細かく作ることが出来ましたが、少し水っぽい感じです。7〜8倍ぐらいがちょうど良いかも知れません。

 

トロッとしたタイプの育毛シャンプーの場合は10倍ぐらいに薄めたほうが良いでしょう。

 

《ふわ泡ポンプボトルのメリット》

  • 大量に作ることができるので、家族で使用する方には便利。
  • 押すだけで泡が出てくるので、毎回つくる必要がない。

 

《ふわ泡ポンプボトルのデメリット》

  • 濃度が高い液体をつくると、目詰まりの原因になる。
  • 1回のプッシュで出てくる量が少ないので、何回も押さないといけない。

 

 

育毛シャンプーを泡立てるアイテムまとめ

 

育毛シャンプーを簡単に泡立てることができるアイテムを3つご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

 

上記アイテム3つとも使ってみましたが、いずれもカンタンに泡を作ることができて本当に便利です。

 

まとめると以下のようになります。

 

  • 泡の質にはこだわらなくて、とにかく手軽に泡を作りたい方は、泡たてネットがオススメ。
  • 泡の質にこだわって毎回作りたいといった方は、ほいっぷるんがオススメ。
  • 手軽に大量の泡を使いたいといった方は、ふわ泡ポンプボトルがオススメ。

 

泡のキメ細かさで言うと、

 

ほいっぷるん>ふわ泡ポンプボトル>泡たてネット

 

という感じです。

 

他にもこのようなアイテムは100円ショップにたくさんあると思いますので、自分のスタイルに合うと思ったものを試してみてください。


関連ページ

育毛成功者が続出!画期的なシャンプー法とは?
育毛に成功した方が約30,000人も出ている、髪様シャンプーという画期的なシャンプー法をご紹介致します。この方法と育毛剤を使って、薄毛にサヨナラしましょう!
枕に抜け毛が目立つ、あまり知られていない本当の原因
育毛剤や育毛シャンプーに注目される方は多いですが、ほとんどの方が気にされていない薄毛の大きな原因、髪の毛の乾燥方法を中心に解説していきます。
ヘアカラーやパーマは本当に薄毛の原因なのか?
世間で言われている薄毛の噂ですが、本当にパーマやヘアカラーは本当にハゲる原因なのでしょうか?詳しく調べてみました。
世間で言われている薄毛に関するウソ・ホントを徹底検証してみた
世間一般的に認識されている薄毛に関する情報は、本当の情報もあれば嘘の情報もあります。どれが本当でどれが嘘かを徹底検証してみました。
薄毛は遺伝するは半分ウソ。あなたは遺伝のせいにして何もしないのですか?
薄毛に関する情報で、「親が薄毛だから、遺伝でハゲる」ということをよく聞きますが、親がハゲている方でハゲていない方もいらっしゃいます。果たして本当なのでしょうか?詳しく見ていきます。
汗っかきの人は薄毛になりやすいって本当?
汗をよくかく人は、薄毛になりやすいと言われています。なぜ薄毛になりやすいと言われているのか?その理由と、汗をよくかく方必見の薄毛防止ケアを紹介しています。
日本は指折りの薄毛大国?世界の各地域からみた毛髪の傾向
薄毛や抜け毛に悩む日本人は、約1,400万以上で、世界でも指折りの薄毛大国と言われています。それはなぜか?世界各地域の毛髪の性質を踏まえながら解説しています。
江戸時代は薄毛が職を失う?過去の歴史から見る毛髪事情
江戸時代の武士は薄毛で職を失ってしまうかもしれないほど深刻でした。明治時代から現在まで、人生の先輩たちが薄毛とどう向き合っていたのか?
薄毛やハゲの救世主なのか!業界も注目の17型コラーゲンとは?
お肌に良いコラーゲンは薄毛にも効果がある?東京医科歯科大学の研究チームが発見した、美容業界も注目の成分、17型コラーゲンとは?
髪の毛は生えるために抜ける
抜け毛が減るということは育毛に良いことだと思っていませんか?実は抜け毛は多すぎるのはもちろん、少なすぎるのもダメなんです。その理由を詳しく解説しています。
自分の肌質はどのタイプ?身近にあるものを使ったカンタン判別法
育毛対策をやっていく上で自分の肌質がどのタイプなのかは、知っておきたい情報のひとつです。そこで、自宅でカンタンにできる肌質の判別法と、皮脂の過剰分泌の原因と対処方法を紹介します。
その育毛剤の使い方間違ってるかも?効果を上げる育毛剤の使い方とは
育毛剤を使っていても効果が出ないと悩んでいる方、もしかしたら育毛剤の使い方が原因なのかも知れません。考えられる原因と対処方法をまとめました。
世間が間違って認識している白髪の常識と画期的な研究結果
白髪は抜くと増えるから根元で切ったら良いと思っていませんか?白髪が増えないオススメの習慣とメカニズムを調べました。
薄毛を隠すためのその坊主ちょっと待って!意外と知られていない薄毛を改善したほうが良い理由
薄毛を目立たなくするために坊主にしようと考えている方、その坊主ちょっと待ってください!薄毛をさらに進行させてしまう原因かも知れません。その理由とメカニズムを調べてみました。
【格安育毛薬】早ければ今夏にも商品化予定!ダチョウの卵から抽出した薄毛に効果がある抗体とは?
京都府立大学の塚本教授の研究チームがダチョウの卵に育毛効果のある交代を発見したそうです。鶏の卵の30倍の大きさから採れる抗体は非常に良質で安価に採れるそうなので、育毛剤・育毛薬の低価格化に期待できそうです。
育毛物質IGF-1(インスリン様成長因子)とは?IGF-1を増やす方法を発見した岡島博士の育毛理論を検証
IGF-1は、誰もが持っている成長ホルモンです。IGF-1は20歳以降は体内で作ることが出来ないと言われていましたが、食事によってIGF-1を生み出す方法を岡嶋博士が発見しました。では何を食べれば良いのか?