薄毛対策 嘘 本当

世間で言われている薄毛に関するウソ・ホントを徹底検証してみた

育毛に関する情報は、本当の情報もありますが、圧倒的に都市伝説的な嘘の情報が多いのが現実です。

 

そこで今回は、世間で言われている薄毛に関するウソ・ホントを検証していき、スッキリしていただいた上で、育毛対策に取り組んでいただければと思います。

 

ということで早速ですが、
薄毛についてのいろんな噂を検証していきたいと思います。

 

 

《目次》

  1. くせ毛の人は薄毛になりやすい?
  2. 抜き過ぎると禿げる?
  3. 硬い毛の人は髪が抜けにくい
  4. 毛深い人ほど髪が抜けやすい
  5. 昆布やワカメなどの海藻は薄毛に良い
  6. 辛い食べ物は髪に良くない
  7. 帽子をかぶると禿げる

 

 

くせ毛の人は薄毛になりやすい?

 

《嘘》
くせ毛は頭皮の状態より、元々の髪質の遺伝による影響が強く、毛根の形状が要因と考えられています。だから、生活習慣が要因の薄毛と、くせ毛とは関係がありません。

 

ただし、くせ毛を矯正するために、ストレートパーマを繰り返したり、過度にドライヤー使用をすると、髪や頭皮に負担がかかります。

 

無理に矯正せず、美容院でくせ毛の流れを生かしたカットを相談してみるのもいいですね。

 

 

抜き過ぎると禿げる?

 

《嘘》
言い換えるとオ●ニーやセ●クスをし過ぎると髪や頭皮に悪いのか?
っていうお話です。

 

男のあれには、タンパク質やアミノ酸などいろんな栄養素が使われているので、抜くほど髪に回る分が不足してしまう、性的興奮や性行為により男性ホルモンの分泌量が増えるので薄毛を促進する。

 

といったことが囁かれていますが、含まれる栄養素はごく微量なので、
多臓器に悪影響を及ぼすほどの不足はまず考えられません。

 

そして性行為で増える男性ホルモンは生殖関連に多く使われることがわかっているので、それで男性型脱毛症が悪化することもほぼ考えられません。

 

よって無理に禁欲する必要はありません。(*^^*)

 

 

硬い毛の人は髪が抜けにくい

 

《本当》
通常柔らかい髪質の人は髪そのものがデリケートで、
地肌も弱い場合が多いと言われています。

 

硬い毛の持ち主は髪も地肌も総じて丈夫な傾向にあります。
抜け毛の要因として地肌(頭皮)の問題は大きいです。

 

上記のように髪が抜けにくいことは事実ですが、
薄毛になりにくいかは必ずしもそうではありません。

 

年齢とともに頭皮環境は悪くなっていきます。特に頭頂部は、突っ張って固くならないように頭皮マッサージなどの日々のケアが必要です。

 

髪がだんだん細くなって来た時は要注意です。

 

 

毛深い人ほど髪が抜けやすい

 

《嘘》
頭髪を増やすのは女性ホルモンで、それ以外の体毛は男性ホルモンの影響を強く受けることから出た噂。

 

頭髪が多いか少ないかは、そのホルモンのバランスによる個人的な差があるので、必ずしも「毛深い人=髪が抜けやすい人」ということにはなりません。

 

体毛も頭髪も濃い人はたくさんいます。毛深いからといって落胆することはありません。頭皮マッサージなどで、薄毛になりにくい頭皮環境を作りましょう。

 

 

昆布やワカメなどの海藻は薄毛に良い

 

《本当》
これは、海藻類に含まれている成分が、
育毛に良いと言われている成分ことからきている噂です。

 

その成分は、フコイダンという成分で、ワカメやモズクにも含まれているネバネバとした成分です。また、フコイダンが多く含まれている代表的な食材として、北海道の利尻昆布やがごめ昆布があります。

 

ワカメやモズクなどの海藻類はミネラルが豊富で健康に良いのですが、
海藻類に偏った食生活はあまり良くありません。

 

海藻も含めたバランスの良い食生活をおくることが、
髪と頭皮の健康維持につながります。

 

 

辛い食べ物は髪に良くない

 

《半分・本当、半分・嘘》
辛さの刺激が頭皮に良くないというところからきている噂。

 

唐辛子などに入っている辛さの成分であるカプサイシンは、
血行促進効果があり、むしろ頭皮にも良い成分です。

 

摂り過ぎも良くないのですが、食べた後に汗をかいて、そのままにしておくことが問題です。汗は小まめに拭き、必ず髪を洗うようにしましょう。

 

頭皮はいつも清潔に保つ必要があります。

 

 

帽子をかぶると禿げる

 

《半分・本当、半分・嘘》
おそらく、帽子をかぶると蒸れて頭皮環境が悪くなる、というところからきている噂ではないでしょうか。

 

上記の通り、汗で蒸れて悪い頭皮状態のまま洗髪せず寝てしまうと、雑菌が繁殖し、薄毛を進行させる原因になります。汗をかいたら、こまめに拭き、その日のうちに必ず洗髪するようにしましょう。

 

ですが、帽子をかぶることは、夏場の強い紫外線から頭皮を守ってくれ、冬場は乾燥した外気や冷気から頭皮を守ってくれるので、頭皮を守るために非常に有効な方法です。

 

ただし、夏場と冬場では帽子の選び方が違います。

 

夏場…麦わら帽子やメッシュキャップなど通気性の良い素材を使ったもの

 

冬場…ニットやウール素材の帽子など保温性のある素材を使ったもの

 

【まとめ】
・帽子は頭皮を外気から守るのに効果的
・汗は小まめに拭き、その日のうちに髪を洗うこと
・夏場と冬場で帽子の種類を選ぶこと

 

 

 

以上が薄毛に関する代表的な噂でしたが、いかがでしたでしょうか?

 

世間で常識のように言われている薄毛に関する噂には、根拠の無いイメージによるものが多いということをお気づきいただけたかと思います。

 

そういった噂に惑わされず、正しい知識を持って育毛活動に取り組みましょう

関連ページ

育毛成功者が続出!画期的なシャンプー法とは?
育毛に成功した方が約30,000人も出ている、髪様シャンプーという画期的なシャンプー法をご紹介致します。この方法と育毛剤を使って、薄毛にサヨナラしましょう!
枕に抜け毛が目立つ、あまり知られていない本当の原因
育毛剤や育毛シャンプーに注目される方は多いですが、ほとんどの方が気にされていない薄毛の大きな原因、髪の毛の乾燥方法を中心に解説していきます。
ヘアカラーやパーマは本当に薄毛の原因なのか?
世間で言われている薄毛の噂ですが、本当にパーマやヘアカラーは本当にハゲる原因なのでしょうか?詳しく調べてみました。
薄毛は遺伝するは半分ウソ。あなたは遺伝のせいにして何もしないのですか?
薄毛に関する情報で、「親が薄毛だから、遺伝でハゲる」ということをよく聞きますが、親がハゲている方でハゲていない方もいらっしゃいます。果たして本当なのでしょうか?詳しく見ていきます。
汗っかきの人は薄毛になりやすいって本当?
汗をよくかく人は、薄毛になりやすいと言われています。なぜ薄毛になりやすいと言われているのか?その理由と、汗をよくかく方必見の薄毛防止ケアを紹介しています。
日本は指折りの薄毛大国?世界の各地域からみた毛髪の傾向
薄毛や抜け毛に悩む日本人は、約1,400万以上で、世界でも指折りの薄毛大国と言われています。それはなぜか?世界各地域の毛髪の性質を踏まえながら解説しています。
江戸時代は薄毛が職を失う?過去の歴史から見る毛髪事情
江戸時代の武士は薄毛で職を失ってしまうかもしれないほど深刻でした。明治時代から現在まで、人生の先輩たちが薄毛とどう向き合っていたのか?
薄毛やハゲの救世主なのか!業界も注目の17型コラーゲンとは?
お肌に良いコラーゲンは薄毛にも効果がある?東京医科歯科大学の研究チームが発見した、美容業界も注目の成分、17型コラーゲンとは?
髪の毛は生えるために抜ける
抜け毛が減るということは育毛に良いことだと思っていませんか?実は抜け毛は多すぎるのはもちろん、少なすぎるのもダメなんです。その理由を詳しく解説しています。
自分の肌質はどのタイプ?身近にあるものを使ったカンタン判別法
育毛対策をやっていく上で自分の肌質がどのタイプなのかは、知っておきたい情報のひとつです。そこで、自宅でカンタンにできる肌質の判別法と、皮脂の過剰分泌の原因と対処方法を紹介します。
その育毛剤の使い方間違ってるかも?効果を上げる育毛剤の使い方とは
育毛剤を使っていても効果が出ないと悩んでいる方、もしかしたら育毛剤の使い方が原因なのかも知れません。考えられる原因と対処方法をまとめました。
世間が間違って認識している白髪の常識と画期的な研究結果
白髪は抜くと増えるから根元で切ったら良いと思っていませんか?白髪が増えないオススメの習慣とメカニズムを調べました。
育毛シャンプーを簡単に泡立てることができるアイテム3選
育毛シャンプーがうまく泡立てることができない方にオススメ!カンタンに泡立てることができるアイテム3つを紹介します。これで泡立てることができない悩みからサヨナラしましょう。
薄毛を隠すためのその坊主ちょっと待って!意外と知られていない薄毛を改善したほうが良い理由
薄毛を目立たなくするために坊主にしようと考えている方、その坊主ちょっと待ってください!薄毛をさらに進行させてしまう原因かも知れません。その理由とメカニズムを調べてみました。
【格安育毛薬】早ければ今夏にも商品化予定!ダチョウの卵から抽出した薄毛に効果がある抗体とは?
京都府立大学の塚本教授の研究チームがダチョウの卵に育毛効果のある交代を発見したそうです。鶏の卵の30倍の大きさから採れる抗体は非常に良質で安価に採れるそうなので、育毛剤・育毛薬の低価格化に期待できそうです。
育毛物質IGF-1(インスリン様成長因子)とは?IGF-1を増やす方法を発見した岡島博士の育毛理論を検証
IGF-1は、誰もが持っている成長ホルモンです。IGF-1は20歳以降は体内で作ることが出来ないと言われていましたが、食事によってIGF-1を生み出す方法を岡嶋博士が発見しました。では何を食べれば良いのか?